サッカーゴール

1993年 Jリーグの誕生

日本でプロサッカーが議論され、遂に1993に日本サッカーJリーグが発足。テレビ中継や新聞報道にも助けられ、優秀な選手が続々と日本サッカーJリーグに集まり出しました。

日本サッカーJリーグはフランチャイズ制を基本にして、全国で本拠地が決められている為、地元のチームの認識が強く多くのサポーターが集まっています。

サッカーのレベルも急激に向上し初めてワールドカップに出場し、それ以降は世界レベルの選手が誕生し海外のチームからスカウトされ海外リーグに移籍し活躍できるまでになって来ました。

同じ様に海外の選手がJリーグに出場し華麗なテクニックを披露しサッカー少年達を虜にしています。その後はワールドカップ出場の常連国の一つになり、海外スカウトからの評価もアップしていると言えるでしょう。

おすすめサイト → ブックメーカー サッカー特集


Jリーグのドリブルは世界基準なのかを検証

フットボール

Jリーグのレベルはここ十数年で著しく向上し、今では世界に通用するサッカー選手が多数輩出されるようになりました。Jリーグの特徴は見る人の心を躍らせる華麗なパスワークとスピーディな攻守の展開です。中だるみの時間が少ないので、90分間常にアドレナリンが出るような試合を観ることができます。

一方でドリブルの技術は世界基準と呼ぶにはやや不足していると言えるでしょう。
日本人ディフェンダーは背があまり高くないため敏捷性が高く、小刻みなドリブルにも容易く対応されてしまい、ドリブラーなかなか抜くことができません。そのため、ドリブルではなくパスが優先的に選ばれるようになり、ドリブラーのスキルアップがしにくい環境になってしまっているのです。

パス技術に長けたミッドフィルダーが多いものの、ドリブラーのウィングやフォワードが少ないのはJリーグのサッカースタイルが影響している可能性があります。世界基準にさらに近づくためには、パスだけでなく足元の技術で勝負するドリブラーがプレーしやすいリーグ環境へと変えていく必要があるでしょう。

Jリーグの成長は留まることを知りません。数年後に世界に通用するドリブラーがたくさん出てくる時代がきても不思議ではありません。


Jリーグ おすすめ試合観戦法

ヒール サッカーボール

Jリーグは日本の国内リーグで、サッカー選手の活躍を間近で見ることが出来ます。試合を見るときはテレビ観戦とスタジアム観戦という二つの方法がありますが、それぞれにおすすめの観戦法があります。

まず、テレビ観戦の場合はスタジアムで見るときとは異なり、ピッチの全てを見ることが出来ません。テレビカメラが撮られている一部分しか見ることが出来ないので、ボールを持っている選手が中心になります。そのとき、選手がどういうプレーをするのかに注目しましょう。そして、なぜそのプレーを選択したのか、その選択は正解だったのかということを考えながら観戦すると楽しめます。

スタジアム観戦の場合は、逆にピッチ全体を眺めることが出来るというメリットがあります。メインスタンドかバックスタンドの席が取れたときには、ピッチ全体を見てチームの戦術を意識しながら見るとより楽しめます。攻撃をしているときのディフェンダーのポジションや、中央にボールがあるときにサイドの選手がどういった動きをしているのかに注目して観戦するとチームの戦術が分かり、サッカーに詳しくなれます。

最もおすすめできるのは、スタジアムで観戦した後に同じ試合をテレビで見ることです。選手や監督のインタビューも聞いているので、テレビで見ると試合の意図が分かり答え合わせをすることが出来るのです。